information

7月になると、戸山幼稚園では「七夕」にちなんで「七夕集会」をいたします。子どもたちはそれぞれの願いを書いた短冊を笹の葉にくくりつけ、神さまへの祈りをささげます。

戸山幼稚園では、毎年クリスマスを祝い、子どもたちは「聖誕劇(クリスマスページェント)」を楽しんでいます。み子イエス・キリストのご降誕を祝うキリスト教の中心的なお祭りだからです。秋の収穫感謝祭の礼拝もいたします。

でも、そのほかに、七夕や節分、ひな祭りといった、わが国になじみの深い行事にちなんで、楽しいプログラムを用意します。子どもたちがそれぞれの行事を祝うためにふさわしい準備もします。

こういうことをお伝えすると、戸山幼稚園はキリスト教の幼稚園なのに、どうして日本の行事も祝うのだろう、というご質問が出てきそうです。その答えは、その国の良い文化を受け継ぎながら、その上にキリスト教の精神を結びつけましょう、と考えているからです。日本人にはこういう「接ぎ木(つぎき)型のキリスト教」がふさわしいのではないでしょうか。

ところで、「七夕」についてはいろいろな言い伝えがありますが、彦星(ひこぼし)と織姫(おりひめ)は仲良くなってそれぞれのお仕事をしなくなったので、星の王様に離されてしまいました。でも、王様と約束をして一生懸命お仕事をしたので、7月7日には天の川(あまのがわ)でまた会えるようになりました……という物語を戸山幼稚園では用いています。七夕の祭りには「仕事に熟練した人になる」という祈りも込められてきました。

「ゆり」さんの子どもたちの短冊には、「〇〇になりたい」という将来の職業への夢を描いたものが多いです。一人ひとりの願いを取り上げて説明すると、具体的でとても面白いのですが…。

今年の「さくら」さんの短冊で気がついたのは、「〇〇ちゃんと〇〇して遊びたい」という願いが多かったということです。4歳児らしい成長がそうした願いにも反映されています。

ご自宅でも、戸山幼稚園の七夕の行事の精神をお汲みいただいて、お子さんとお話していただけますと、幸いです。

戸山幼稚園園長  西谷幸介